HEY鏡の世間の評判は

HEY鏡の世間の評判は

パチスロは新時代に突入

 

今はHEY鏡の稼働率がすごいですね。僕は今のところ抽選負けをしていて打てていません。データを見ていると、なかなかホールさんも頑張って遊ばせているように見えます。6号機1発目で番長シリーズというブランドを使ってますから、1人のパチスロファンとしてもこの台にはぜひホールを盛り上げていただきたいです。まあ今は純増2枚の台だらけだった所に純増5枚の謳い文句ですから新鮮は新鮮ですよね。問題は今のバブル(?)が落ち着いて低設定が多くなった時にどうなるかですよ。やはり有利区間などの影響で旧基準と比べて一撃性にはかなーり劣りますからねえ。それでも高稼働が維持出来ればパチスロ界の救世主になれるでしょう。。。

 

……うさんくさい占い師みたいな口調で当たり前な事を書きましたが、twitterや掲示板なんかではかなり盛り上がってますね。

 

ネットで話題になっているのがこちらの動画です。個人的にこの方の編集は見やすいと思います。

こちらの動画の中で天井到達後に1000枚ほどの獲得で強制エンディングとなっておりますが、これはこの台は通常時から常に有利区間で、天井に到達すると有利区間の残りが500ゲームくらいしかないからだそうですね。

常に有利区間であることで5.9号機のようにレア役で状態をあげてART抽選をする、という感じでなく規定ゲームというか規定HEYでATを抽選できるみたいですね。このシステムにおいて天井期待値はどう出るのか。まだわかりませんねー。何やら天井恩恵的なものがあるという説も聞きますし、そちらの有無でかなり変わってくるかと。

ぶっちゃけある程度ハイエナも出来るような仕様でないと稼働をキープするのは難しいと思いますから、今後発売される6号機に関しても「もうハイエナは無理だろ……」と決めつけずに情報はチェックしておいた方がいいですね。設定狙いミスった時のマイナス期待値の埋め合わせくらいは出来ると思います。その日単位の収支は置いといてね。

 

それではパチスロ界に明るい未来が訪れる事を祈って今日はこのへんで。

パチスロコラムカテゴリの最新記事