【設定狙い】ホールが高設定を入れる時の癖まとめ

【設定狙い】ホールが高設定を入れる時の癖まとめ

高設定は回してもらいたいもの

設定師になってみたいりぐです。

設定狙いにおいて重要なのは、ホールごとのクセを読む事です。全くクセが無いホールなんてのは無いと思います。スロ専なんかは曲者の店長がわかりにくくしている事もあるでしょうけどね。

けれども、昔から言われるアゲ狙いや据え置き狙いなど、基本的に使い古された立ち回りで十分戦えます。特にホールの規模が大きくなるほど、いちいち設定の入れ方を考えるのがめんどくさいでしょうしね。

それと大事なのは、なぜ高設定を入れているのか、って事です。それはアピールのためです。すなわち、高設定はブン回してほしいから入れるのです。という事は、ホールとしてもあんまりわけがわからない所には入れても意味が無いのです。

そのクセの種類をまとめておきます。

 

アゲ狙い

もうなんか、迷ったらアゲ狙いみたいな感じはあります。確かに通用するホールはめちゃくちゃ通用します。ただ、どのホールでも使えるというわけでは無いと思います。明らかに凹み台を外してくるホールも結構あります。他の根拠と組み合わせていけばツモれる可能性はあがります。

単純にグラフの凹み具合やボーナス回数の少ない台に設定を入れるホールなど、アゲ狙いにもいろいろあります。回っていて出てない台なのか、それとも回っていない台なのか。それを見極める事も大事です。

 

末尾狙い

これ……結構ありますからね。末尾系のイベントでなくても意外と無くは無いんですよ。

大きなホールとかだと特にね。日付と合わせたりね。

 

場所狙い

これが結構使えると思っています。目立つ場所、ホール(の店長)が好きな機種といったところは明らかに出玉とそれに対する客付きが良いです。

その中でもシマ全体が狙えるパターンと、台をピンポイントで狙えるパターンがあります。

シマの場所狙い

いわゆるメインのシマってのがあるホールは多いですよね。入口から近い場所や入って正面など。特に普通に縦に台が並んでいるのではないホール、すなわち円形シマがあったり特殊なレイアウトをしているホールですね。

少し前は僕の周りでも一番目立つ位置を絆から番長3に思い切って変えたホールもありました。結果とても客付きが良くなっていましたね。こういうホールはこれからも生き残れそうですね。

そして、ホールの好きな機種。例えば今で言うとギルティクラウンがワンボックスあったら明らかに押してますもんねぇ。恐らく少なくとも旧特定日の客付きはいいはずです。

 

台の場所狙い

カドには設定が入るのか入らないのか論争は昔から存在します。まるできのこたけのこみたいですけれども、これはやっぱり設定も同じで「好み」なんですよ。ホールの好み。カドから3台目以内に設定が入りやすいホールは確実に存在します。僕の周りだけかもしれませんが、誰もが知っている全国にホールが存在する超大手のグループもそういう傾向があります。特にカド2が強いかな~。

 

まとめ

設定狙いで勝つためにデータ取りをしようと思っている方はたくさんいると思います。その時にどういうクセが存在するのかあらかじめ知っておけば気づける事も増えるはずです。軽い気持ちで決めつけて座ると負けますが、通っていてある程度傾向が見えてくるようなお店のほうがやりやすいかなと思います。

パチスロコラムカテゴリの最新記事