なぜパチスロは大体機械割以上に負けるのか~設定狙いのヤメ時~

なぜパチスロは大体機械割以上に負けるのか~設定狙いのヤメ時~

AT機ART機のヤメ時とは

 

こんにちは。

今回はパチスロには機械割が設定ごとに決められているのに、どうして機械割以上に負けている人が多いのかについて考察します。

例えば、パチスロ必勝マガジンの中武一日二膳さん。今となっては目押しが上手いのにGODばっかり打つおじさんですが(失礼)、アナザーゴッドハーデスでは鬼のように負けているといたるところでおっしゃっています。いつの時点でなのかは不明ですが200万とかでしたっけ。

では、同じように荒い機種、勝つときは勝つし負ける時は負ける凱旋で60万負けているN君という人物がいると仮定しましょう。

ミリオンゴッド神々の凱旋初当たり確率と機械割

出典すろぱちクエスト様

例えば、実は導入当初から奇跡的に設定1にしか座っていないN君。移動する台移動する台全部設定1!という条件では60万負けるには理論上どのくらい回さないといけないのか?

3枚×0.983=2.949(理論上1ゲームで0.051枚負ける)

30000枚÷0.051≒588235

数値に当てはめて考えると、588235ゲーム回せば60万負けられると。いやいや、N君も好きだねぇ!……となるはずもなし。「導入から週1くらいで打ちに行ってただけだよ、ダメそうな時は途中でヤメてるよ。」とN君。まあそれでもかなりの凱旋好きですが、流石に58万回転も回してるわけがない。でも「50万負けはあり得る」と思ってしまいますよね?実際そうゆう方もいらっしゃるでしょう。

ケーススタディ~N君の場合~

 

これは単純に波の荒さから来る下ブレなのか?そんな事はないでしょう。ここで凱旋を任意のゲーム数から打ち出してストック無し確認ヤメの条件の「期待値」を見てみましょう。

まずリセットがかかっている場合

ミリオンゴッド神々の凱旋リセット時天井期待値

出典:すろぱちクエスト様

次にリセットがかかっていない場合

ミリオンゴッド神々の凱旋AT後天井期待値

出典:すろぱちクエスト様

N君のケースにあてはめてみましょう。まず朝一、これまた奇跡的に絶対リセット台に座れていたN君。当たるまで打って1345円の期待値をゲット!重要なのはこれが天井に到達して単発だろうが途中でGOD揃いを引いて5連でも同じ期待値1345円ですよね。

ここからが重要です。例えば天井単発だった場合、流石のN君でもこの台はやめとこうとなって打たないはずです。その場合実収支はマイナス4万円弱ですが理論上は1345円のプラスで終了。これを続けていれば長い目で見ればプラス収支になるでしょう。

 

次に、例えば250ゲーム(投資1万円)でGOD揃いを引いた場合。1500枚取れたので2万(1000枚)のプラス。でもN君は「まだ設定が入ってる可能性はある!」と意気込んで続行。結局全部飲まれて750ゲームにヤメ。この場合1500枚は完全に水の泡です。もう1回当たるまで打てば2週目は理論上951円のマイナスですんだのに。さっきN君が言っていた「ダメそうな時は途中でヤメてるよ」←これがダメなのです!その場は傷が浅く済みますが、長い目で見れば当てて即やめしないと投資額が丸損です。

そしてその台をハイエナした人が3500円くらいの期待値を得ると。ハイエナってのはそういう仕組みですからね。

 

凱旋(に限らずAT機ART機)の機械割ってのはプレミアフラグや天井恩恵含めての物ですし、高確やら天国やらゾーンやらがあるので、機械割をゲーム数で単純に考えない方がいいでしょう。それをしていいのは常に一定の確率で当たりを抽選している、Aタイプだけです。

設定狙いのヤメ時は出来るだけキリのいい所で

結局機械割というよりかは期待値で考えたほうがいいのかなと。一番いいのはAT、ART後ストック、状態を確認してやめ。次に機種ごとのキリのいい所ですかね。絆ならBCで月を確認後高確を取り切ってやめ。番長3なら対決を取り切ってやめなど。とにかく、期待値で考えてもそうですし、感覚的にも一番当たりから遠いところでヤメるべきですね。例外としては明らかに高設定が空いた時でしょうか。そこら辺の駆け引きや巡り合わせなんかも面白いですね。

絶対したくないのが、後ヅモで座って何百ゲームか回して当たらずにヤメ、これが一番収支に響いてきますね。収束に近づかない事はないんでしょうけど個人レベルで出来るものではないのかなと。僕も乱れ打っちゃった時は引くほど負けたりしますからね。気をつけます。

 

それでは。

パチスロコラムカテゴリの最新記事